Life

「Life」ということばはいくつかの重要な意味があります。

まず大元には“生命”、そしてその生命を生きる“生存”、“生活”、“人生”、そしてその“生涯”、また、人間も含めて動物や植物といった“生命体”も表わします。

そして最後に“元氣”、“精氣”、“活氣”、“生氣”という生き生きとした「生命エネルギー」という意味がありますが、これは日本語や中国語の“氣”に当ります。

身体哲学研究所は、こうした一般的なLifeの意味の奥に21世紀に生きる人間にとってさらに重要だと思われる実践的な知を見い出したいと思っています。

“Life”ということばを考えるとき、もっとも重要なことはそのことばの意味の中心に“生命”があることです。

 

003

そして、それは人間にとってもっとも大切なことでありながら、その“生命”というものの核心は21世紀の現在の科学をもってしても物質的に解明できていない。

そしておそらく、未来においても完全に解明されることはないでしょう。

哲学的、言語的にもよく分らない。

神話的には“生命”とは“神”であり“愛”だといいます。

ようするに人智を超えているというかよく分らないということです。

では、どうやって人間はこのLifeと付き合っていけばいいのでしょうか。

身体哲学研究所の見い出した答えは、頭や意識(心)やことばによる認識ではなく、感性や知覚を東洋で長い歴史をかけて育んできた実践的な行法的な方法によって磨ぎ上げ、身体でまるごとLifeと付き合っていこうということです。

そして、この方向で身体の知恵を身に付けて生きて行けば、“Life”の最高のあり方としての“永遠の命”を様々な形で実感、共感することができるのではないかということです。